物流を変えると顧客満足がアップできる!導入すべき運輸システムの豆知識

運輸業は運用の仕方が、そのまま顧客に影響する業種と言えます。
無駄が多ければ多いほど不満や苦情が発生しやすい状況になります。
その分、システム化して効率を上げることで顧客満足の向上につながりやすい環境とも言えます。
注文から配車、サービス提供と請求書など一貫してスピーディーな処理が会社の信頼度をアップして、リピート率を高めることの起点となるでしょう。
このような環境を構築できるかどうかが、他社との差別化につながります。

物流を変えると顧客満足がアップできる!導入すべき運輸システムの豆知識

運輸業の価値で重要なことは、必要な時に依頼できると言うことです。
いつでもお願いできることや明確な費用請求などが顧客満足のアップにつながります。
データを一貫して管理できるシステムを構築すると、このような要求に対応しやすくなります。
運行情報をリアルタイムで管理することで、急な注文に対応できるようになったり、走行距離や時間を根拠として請求を行えれば、信頼を得ることができます。
運輸に必要なデータを一元管理して、処理を簡単にすれば負担なく実現可能です。

運輸業の業務を効率化できるシステムとは?

運輸業における業務の効率化は課題の1つですが、それを実現する仕組みがあるといえば興味が湧くのではないでしょうか。
運輸業の業務効率化は、なくせる仕事の排除とまとめられる業務の統合、やり方を変える代替に業務を設計し直す簡素化で構成されます。
書類を作成して郵送する請求は、請求書をメールに添付して送る方法に変えることで、コストを抑えつつ効率のアップを図れます。
これはやり方を変更する代替に該当するもので、運輸業で実際に行われています。
システムは更に効率アップを推し進める仕組みで、見積書や納品書などの各種書類作成の大部分を自動化したり、作業を行う担当者の負担軽減に繋がります。
一方では、運行管理や車両管理、運転における休憩を始めとした労務管理など、安全を守りながら業務を改善する仕組みもあります。
このように、1から考えて実践したり試行錯誤するのが大変な取り組みも、システムを導入したり実践することで効率アップが実現するのは、魅力が見逃せないといえるのではないでしょうか。

運輸業でシステム化するべき業務とは?

運輸業にお勤めの皆様。
荷物の増加などにより、日々の業務の消化にお困りではないでしょうか?特に、倉庫内のピッキングに関係する業務を担当している場合、システムの導入によって作業時間を削減できる可能性があります。
例えば出荷指示をメールの添付ファイルや電話で受け取っている場合、これをシステム化することで作業時間を大幅に削減できるかもしれません。
完了した出荷を記録する作業も、IT化により効率化できる余地があります。
出荷対象の荷物のバーコードをハンディ端末で読み取り、出荷完了通知を自動で送る、バーコードがない荷物を扱う場合はタブレット端末によって、わざわざパソコンの前で行っていた入力作業をその場で行う、という作業効率化も期待できます。

運輸システムを導入して安全運転が支援できる?

運輸管理システムを導入することには、安全運転を支援する意味合いもあります。
このような運輸管理の仕組みをしっかりと構築していなかったとしても、ドライバーの安全をサポートすることは当然必要ですが、中には次のようなブラックな会社もあるかもしれません。
例えば、制限速度100キロの道を走るとして、500キロ離れた場所にトラックで荷物を運ぶためには最低5時間かかることは自明です。
実際には制限速度一杯で常に走れるとは限りませんし、ドライバーの休憩時間もあったりしますのでさらに余裕を見込むことになります。
ですが利益重視の会社姿勢だと、例えば4時間半で向かわないといけないようなスケジュールを組むこともあるかもしれませんし、そこまであからさまな無茶ではなくても、本当は30分の休憩を取らせるべきところ5時間ぴったりで組むかもしれません。
しかしシステムを導入するということはそのあたりも含めてコンピューターが自動的に判断するということです。

運輸システムならドライバーの負担が軽減できる?

運輸システムでドライバーの負担が軽減できるかどうかは、その導入する内容次第です。
荷物の郵送状況を把握するために導入したバーコードというのは、ドライバーがいちいち荷物1つにつきバーコードを押すことで管理できるからこそ把握できる状態でした。
一方で大手ECサイトではそれらの工程をすべて機械化しロボットによる管理を行っていて、ここまでくれば負担が軽くなると言えるでしょう。
ドライバーは要毛穴機器を利用せず荷物を搬入して輸送すれば良いわけですから、本業に集中することが可能です。
運輸業で導入を検討する際には、ドライバーに対して運送以外の余計な業務を極力そぎ落とすという視点をもって検討することが重要です。
労務管理を行う場合も、いちいちドライバーが使いやすい仕様にすることも重要です。
もし情報機器に疎い場合、スマートフォンなどの機器を使って出退勤をチェックするという行為が逆に負担になるというか塗制も確認する必要があります。